​最新情報/NEWS

​経済産業大臣指定伝統的工芸品「都城大弓」Japanese Traditional Bow

 質実剛健、実践性に優れた薩摩弓の流れを汲む都城大弓は時代の流れとともに竹弓の曲線の美しさや次代に引き継ぐべき伝統工芸品として価値が注目され競技用の弓でありながら平成6年4月4日に国の伝統工芸品の指定を受けました。
 初代宗吉がこの地に創業したのは今から100年以上前の大正7年。以来髙芳、博志、慶太郎と4代にわたって受け継いだ技術と経験をもとに造り出す弓は、多くの弓道家の皆様から親しまれ、御愛顧頂いています。

 More than 100 years ago, Our history was founded by the first-generation Reimei.
Since then, traditional techniques has been handed down to the forth generations. 
This traditional techniques will inherited from father to only one child.

​竹弓(黄櫨芯材)

​BOW(JAPANESE WAX TREE)

黄櫨の芯材を、真竹で挟み打ち上げた竹弓です。
カーボン弓やグラス弓に比べ反動が少なく、柔らかな引き心地が特徴です。

内竹には、表面を炙った竹(煤竹)または、室炉で5年以上も燻し続けた竹(煤竹)を使用しています。

人口塗装の着色とは異なり、自然な風合いを加味し出す先代からの伝統技法です。

​カーボン内蔵竹弓(楓芯材)

竹弓の良さを生かしながら、扱いやすく、型崩れの少ない弓を実現したのがカーボン内臓弓です。

​カーボン内臓竹弓は、楓芯材の間にカーボンを挟み込む方法で、カーボン繊維を補強材にするものです。
芯材に楓を使用しており、美しい木目が特徴です。

​鰾弓(黄櫨芯材)

​鰾(鹿の皮を生成した接着剤)を使用し打ち込んだ竹弓。
現在の合成接着剤を使用した竹弓と比較しても柔軟性(柔らかい弓の引き心地)が特徴です。
現代に於いても、竹弓の神髄として使用されている弓です。

​間隔