Q & A

よくある質問

新弓編

どれくらい枯らしたら、行射しても良いのですか。


裏反りが約15㎝になったら、行射されても大丈夫です。
弦を張り続け、長い間放置すると裏反りが極端に浅くなります。時々、弦を外して弓を休め、裏反りを保つ様にして下さい。そうする事で、矢勢ある弓を永らくご愛顧頂けます。




表示されている弓の強さの基準は何ですか。


弓の強さは、並寸=85㎝、二寸伸=90㎝、四寸伸=95㎝、六寸伸=100㎝と弦を引っ張った時に掛かる力を表示しています。
※個人の矢尺により、表示と誤差が生じる場合が御座います。ご了承下さい。









修理弓編






購入編

弓選びのポイントは何ですか。


「弓成」や「弦通」を見て弓の良し悪しを判断するのも基準の一つですが、やはり肩入れ(素引き)をした時の引き心地が重要です。当方では、弓弽を着けて肩入れして頂けます。弓力に関しまして、使用環境や素材の性質にも因りますが、ご希望の弓力より1~2㎏強い弓をお選び下さい。




竹弓は、何段から使用するのが良いですか。


竹弓を使用し始めるのに段位は基準となりません。
竹弓は育てて頂いた程、射手に馴染みます。
更に、その竹弓の個性(弓成りの変化、感触の変化など)は射手にしか分からない部分もあります。
その竹弓を深く理解し、冴えある一張に育てて頂く為にも、当方では早い段階での竹弓の使用をお勧めしております。




竹弓の種類と、性能の違いを教えて下さい。





焦竹と煤竹の違いは何ですか。






手入れ偏






Q3.

竹弓を管理する上で、一番重要なことは何ですか。

A3.

一番は弓弝を保持することです。弓弝が低くなると弓が反転しやすくなり、最悪の場合、首折れさせてしまいます。又、張顔が、本弭を持って見た場合に、下成、上成を結ぶ線と弦が平行になるようにして下さい。

Q4.

弓の価格は幾らくらいですか。

A4.

10万円前後です。価格は、製作者だけでなく、心材の構造、手掛けた日数などにより決まります。

Q5.

弦音の出る弓はどんな弓ですか。

A5.

弦音とは、弓が出すものではなく、弓と射手が嚙み合った時に出すことのできる音です。弦音が出る弓になるよう、育てて頂ければ幸いです。

Q6.

外竹が切れてしまいました。竹替えの修理にはどのくらいの時間がかかりますか。

A6.

修理工程として、破損した竹を鉋で削り取り、新たな竹を再接着します。約半分を新しくする為、形が安定するまで張り込む必要があり、最短でも約3ヵ月を要します。

Q7.

内竹の色はどのようにして出すのですか。

A7.

「煤竹」は、室炉に入れ、煙で燻し続けた後、水洗いするという工程を幾度も繰り返し、色付けするものです。塗装では出すことの出来ない自然の光沢を出す為に、5年以上の歳月が掛かります。

Q8.

現在、使用している弓力が合わなくなりました。強さを変えることは可能ですか。

A8.

弓の強さは、芯材の厚みで決まります。外竹を剥がし、芯を削り弓力を弱める事は可能です。
然し乍ら、自然の材料故に、とても困難な作業であり弓力を指定頂いても、其れに近づけることは出来ますが、丁度に仕上げることは稀です。

Q9.

​鰾弓は作っていただけますか。

A9.

はい、鰾弓の制作依頼も賜ります。

Q10.

カーボン内臓竹弓は、誰でも作れますか。

A10.

カーボン内臓竹弓の製法に関する特許問題が御座いましたが、既に解決しております。​どの弓師の作品であっても、特許に抵触することはありません。安心してお買い求めください。

Q11.

返品・交換はできますか。

A11.

弓は天然の素材の為、一度購入頂いた弓は、お客様のご都合による返品・交換はお受け出来ません。
ご了承下さいませ。

Q12.

購入前に肩入れ(素引き)出来ますか。

A12.

はい、当方では、購入前に肩入れして頂けます。又、ご来場の際には、ご自身の弓弽をご持参下さい。

弓弽を付けて弓を実感して頂けます。試射は出来ません。

Q13.

仕事場を見学出来ますか。

A13.

はい、ご見学頂けます。繁忙期が御座いますので、事前にお問い合わせください。又、外国からの見学者の為の英語対応も可能です。

Q14.

弓師になる為に、弟子入りしたいのですが。

A14.

「都城大弓」は、国の伝統的工芸品、宮崎県の伝統的工芸品に指定されており、当方では、伝統の継承と品質保持の為に一子相伝となっております。ご了承下さい。

Something went wrong.